2010年01月10日

ペットの椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、骨や関節にかかわる病気で、ビーグル、シーズー、ダックスなどの犬種に多いとされています。
この病気は背骨(脊椎)を形成する椎骨をつなぐ椎間板が老化して固くなる病気です。
外に突き出たり、椎間板内の髄核が外に噴出したりします。

ペットが椎間板ヘルニアになると、歩行が難しくなります。背骨の上を走る神経細胞(脊髄)を圧迫して、神経がマヒしてしまいます。
前足や後ろ足がマヒし、歩くのをいやがります。神経マヒを早く発見して治療すれば治ることが多いのですが、手遅れになると神経細胞が壊死してしまい、生涯歩けなくなることもあります。

椎間板ヘルニアの治療方法は、病状によって異なります
症状が軽い場合は、内科的治療で副腎皮質ホルモンなどの治療をおこないます。重い症状の場合は外科的手術になります。
骨の一部を除去する方法ですが、必ずしも歩けるようになるとは言えません。

ペットの椎間板ヘルニア、リハビリ方法は、マッサージ(四肢や幹部を擦るようにマッサージします。この時痛がらないか確認してください)屈伸運動→(足をゆっくり屈伸させ、神経がどこまで通っているのか調べてみてください)タオル歩行→(タオルで支えて歩行訓練をします。無理はさせないでくださいね。)温浴リハビリ→(飼い主がペットと一緒に温浴に浸かり、徐々に足を動かします)指圧→(幹部を刺激する程度で、強く押さないで下さい)肉球指圧→(足裏の肉球を優しく揉んであげることで、症状がよくなることもあります。)

椎間板ヘルニアを注意したいペットの犬種は、アメリカンコッカースパニエル、ウェルシュ・コーギー、ミニュチュア・ダックスフンド、シーズー、ビーグル、ペキニーズ、フレンチブルドックなどです。
タグ:ペット
ニックネーム pet at 23:49| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

ペットの葬儀

ペットが亡くなってしまったら、飼い主はあまりの悲しみで、何もすることが出来なくなると思います。
まずはペット葬儀業者に連絡し、そして自分の気持ちを落ち着かせてください。

葬儀業者の探し方は、動物病院からでも紹介してもらえます。タウンページなどにも載っているので、調べてみてください。

ペット葬儀業者は365日、24時間で受付をしているので、突然このような事態になっても大丈夫だと思います。
連絡する時は、要望や、わからないことを聞いてください。相手に言われたことをメモ出来るようにしておくといいかもしれません。
葬儀の日取り、予算などを話し合います。

ペットの死は、想像以上に辛いものです。その日が来ると解っていても、いざペットが居なくなると、受け止めることが出来ない状況になります。事前に葬儀業者やペット霊園を調べることをお勧めします。
ペットが死んだ直前は、気持ちが混乱してしまうので、冷静に対処できなくなることがあります。
予算や住所を調べたり、電話番号を知っておくだけでも違います。慌てることなく、飼い主の希望にあった葬儀が執り行えるように、ペットが安心して天国にいける様に、私たちがしなくてはいけない最後のお世話だと思います。


ペット葬儀専門業者の葬儀の種類は4種類程度に分けられます。合同葬、個別葬、立ち会い葬、自宅葬を業者さんと話し合い、ペットのために1番良い方法の葬儀を選びます。
ペットの死は辛く悲しいものですが、早くいつもの笑顔に飼い主さんが戻ることで、きっとペットも安心して天国に行けると思います。
タグ:ペット
ニックネーム pet at 01:11| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする