2010年01月28日

ペットの目ヤニ、涙の原因

ペットの目ヤニや涙に気がついたら、そのまま放置せず早めに獣医さんに相談するようにして下さい。

犬の目ヤニや涙の原因は結膜炎、乾性角結膜炎、角膜炎、眼瞼内反症、眼瞼外反症、流涙症、チェリーアイ、逆まつげ、全身的疾患、感染症などが考えられます。

目やには、眼球の表面の角膜が傷ついたりして起こります。
炎症やまぶたの内側の結膜に異常がある場合が多いので自分たちで判断することはしないで下さいね。

犬の種類も様々ですが、目ヤニや涙の病気にかかり易いペットの犬種は、プードルやコッカースパニエルに多く見られます。
心配のない症状は、目やにが黒っぽく、目のふちに付着している程度であれば大丈夫でしょう。
しかし、黄色で粘液性の膿の様な目やには病気かもしれません。目が赤く充血している場合も早めに獣医さんに見てもらうようにしてください。
ペットの涙が止まらない症状は、涙小管が詰まる病気と考えられます。涙やけしてしまうので、この場合も早めに獣医さんに相談するようにしてくださいね。
ペットの健康は飼い主が管理しなければなりません。軽く考えずに獣医師に診てもらってください。

猫の涙や鼻水、くしゃみの症状は、ネコかぜ(ウィルス性呼吸器感染症)副鼻腔炎、鼻炎、流涙症、クリプトコッカス症、その他の感染症、鼻の中の異物、鼻の中のガンなどが考えられます。

猫は同じ動物でも犬と症状が違います。
同じペットだからと判断せず、様態がおかしいと思ったら獣医さんに相談しましょう。

猫は風邪をひいたようなに涙目になります。
鼻汁やくしゃみ、口の中のただれや痛みがあります。悪い状況になると、舌がただれたり、舌炎、口内炎の症状がでたりします。
これは猫カゼになります。この病気には2種類あり、ネコヘルペスウィルスとネコカリシウィルスに分かれます。
ウィルスに感染は、食欲がなくなり、脱水症状や、肺炎を起こすことになるので、早急に獣医さんに見てもらってください。

猫に鼻汁、粘液、うみなどが見られたら、重大な病気と判断してください。
猫が発熱した場合は、冷たく濡れている鼻が乾いてきます。睡眠時や、目覚めた時も乾いているので注意してみてあげてください。
猫の平熱は38.0℃前後なので心配な時は、温度を測ってみましょう。

ペットの予防方法(猫)
ウィルスを殺す薬はありませんが、抗生物質や抗炎症薬、ビタミンCなどがあります。
この薬を朝晩与え、睡眠と食欲をとれば、2週間程度で回復するでしょう。

空気感染が強く、抗体は6ヶ月しか続きません。
流行時期には何度もかかるため、猫を外に出す時は注意してください。外に出さないことが1番安全かもしれません。
猫の予防接種を受けることも出来ます。
口内炎がひどい場合は、注射が主で食べられない症状であれば、流動食や点滴で栄養をとることがあります。

ペットの目ヤニや、涙を簡単に捉えずに異変に気がついたら、早めに獣医さんに見てもらうことをお勧めします。

[PR]ヒップホップアブス
タグ:病気 ペット
ニックネーム pet at 15:27| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

ヨークシャー・テリア

ヨークシャーはとてもちいさく、女性の方に特に人気の犬種です。ヨークシャーの性格や特徴などについて、簡単にお話したいと思います。
ヨークシャー・テリアの特徴は、毛が非常に長く、背中の中央で左右に分かれていて、とてもツヤのある毛並みです。
ショーではこの被毛が重要になります。ペットとして飼う時はそれほど敏感にならなくてもいいでしょう。
顔はとても可愛らしく、凛々しい顔立ちです。

ヨークシャー・テリアの性格は、とても警戒心が強く、負けず嫌い。体は小さいのですがとても元気です。自分のテリトリーを守ろうとするので、番犬として向いています。

ヨークシャー・テリアの美しさを保とうとすれば、とても手間のかかる犬種であることを覚えておいてください。
くしやブラシ、被毛用オイル、シャンプーやトリートメントなどの様々な道具を準備しなければなりません。
神経質にならなくても、定期的なトリミングには連れて行きましょう。伸びやすい爪は、定期的に切り、シャンプーとリンスは、10日くらいのペースで行うことが望ましいと言えます。洗った後は暖かいお湯でよくすすぎ、水気を十分に取ってください。
その後、毛並みにそって整えてあげますドライヤーで十分に乾かしてくださいね。

ヨークシャー・テリアの運動量は少なくても大丈夫ですが、ペットと飼い主の込みコミュニケーションの為に適度に運動させ遊んであげてくださいね。体のわりには活動的な犬なので、遊んであげると喜びます。
ペットには栄養バランスのとれたフードをきちんと与え、運動不足からくる肥満に注意して、楽しいペットとの生活を楽しんで欲しいと思います。
[PR]クリック証券
タグ:ペット
ニックネーム pet at 13:27| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

ペットの椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、骨や関節にかかわる病気で、ビーグル、シーズー、ダックスなどの犬種に多いとされています。
この病気は背骨(脊椎)を形成する椎骨をつなぐ椎間板が老化して固くなる病気です。
外に突き出たり、椎間板内の髄核が外に噴出したりします。

ペットが椎間板ヘルニアになると、歩行が難しくなります。背骨の上を走る神経細胞(脊髄)を圧迫して、神経がマヒしてしまいます。
前足や後ろ足がマヒし、歩くのをいやがります。神経マヒを早く発見して治療すれば治ることが多いのですが、手遅れになると神経細胞が壊死してしまい、生涯歩けなくなることもあります。

椎間板ヘルニアの治療方法は、病状によって異なります
症状が軽い場合は、内科的治療で副腎皮質ホルモンなどの治療をおこないます。重い症状の場合は外科的手術になります。
骨の一部を除去する方法ですが、必ずしも歩けるようになるとは言えません。

ペットの椎間板ヘルニア、リハビリ方法は、マッサージ(四肢や幹部を擦るようにマッサージします。この時痛がらないか確認してください)屈伸運動→(足をゆっくり屈伸させ、神経がどこまで通っているのか調べてみてください)タオル歩行→(タオルで支えて歩行訓練をします。無理はさせないでくださいね。)温浴リハビリ→(飼い主がペットと一緒に温浴に浸かり、徐々に足を動かします)指圧→(幹部を刺激する程度で、強く押さないで下さい)肉球指圧→(足裏の肉球を優しく揉んであげることで、症状がよくなることもあります。)

椎間板ヘルニアを注意したいペットの犬種は、アメリカンコッカースパニエル、ウェルシュ・コーギー、ミニュチュア・ダックスフンド、シーズー、ビーグル、ペキニーズ、フレンチブルドックなどです。
タグ:ペット
ニックネーム pet at 23:49| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする