2010年02月11日

猫をペットとして迎える前に

猫をペットとして迎える前の心の準備と、猫の性質を簡単にお話したいと思います。

猫は長生きする猫で約20年以上生きるといわれています。
20年の間、私たちには様々な出来事が起こりますね。自分たちの都合で飼えなくなったという事がないように、最後まで責任をもってペットを可愛がってあげてください。

猫の性質は、元々単独で生活する生き物なので、ある程度しつけることは出来たとしても、犬のようなしつけは難しいと言われています。
犬はいろいろな事を覚えるのに、猫は覚えない言う認識がありますが、猫の知識が低いわけでもなく、学習能力がないわけでもありません。

犬と猫の違いは性質が違っていて、犬はリーダーを決めて、群れを作って行動する動物ですが、猫は単独で生活しているので、自分で判断する習性を持っています。猫にはしつけが出来ない訳ではなく、猫のしつけ方法がきちんとあるのです。

猫は自分の言ったことを実行してくれる動物ではない事をきちんと理解してから猫を迎えてくださいね。
猫は私たちが考えている以上に、順応性に優れた動物です。猫は気ままに見えますが、犬と同じように、とても甘えん坊です。性格にもよりますが、いつも人のそばにいたり、一緒に寝る猫もいます。

猫をペットとして迎えるきっかけは、様々だと思います。
捨てられた猫を拾ったり、産まれた子猫をもらったり、ペットショップから購入して猫を飼い始めますね。

どんな猫でも、ワクチン接種と去勢または避妊手術はしてください。
そして猫は室内飼育をしてください。閉じ込めておくのはかわいそうですが、外出する事でケンカや伝染病の感染、交通事故や中毒、今では虐待なども注意しなければなりません。命を危険にさらすことも考えなければならないので、飼い主になった以上はペットを守ってあげてください。

拾ってきた猫の場合は、動物病院に連れていきましょう。
獣医師にみてもらい、病気に感染していないかどうか検査してください。どの猫でもペットとして一緒に生活する前に、一度検査を受けに動物病院に連れていって下さい。

猫に限らず、ペットとして動物を迎える前は、いろいろな準備が必要であることを忘れないで下さいね。
タグ: ペット
ニックネーム pet at 13:53| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする