2010年01月10日

ペットの椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、骨や関節にかかわる病気で、ビーグル、シーズー、ダックスなどの犬種に多いとされています。
この病気は背骨(脊椎)を形成する椎骨をつなぐ椎間板が老化して固くなる病気です。
外に突き出たり、椎間板内の髄核が外に噴出したりします。

ペットが椎間板ヘルニアになると、歩行が難しくなります。背骨の上を走る神経細胞(脊髄)を圧迫して、神経がマヒしてしまいます。
前足や後ろ足がマヒし、歩くのをいやがります。神経マヒを早く発見して治療すれば治ることが多いのですが、手遅れになると神経細胞が壊死してしまい、生涯歩けなくなることもあります。

椎間板ヘルニアの治療方法は、病状によって異なります
症状が軽い場合は、内科的治療で副腎皮質ホルモンなどの治療をおこないます。重い症状の場合は外科的手術になります。
骨の一部を除去する方法ですが、必ずしも歩けるようになるとは言えません。

ペットの椎間板ヘルニア、リハビリ方法は、マッサージ(四肢や幹部を擦るようにマッサージします。この時痛がらないか確認してください)屈伸運動→(足をゆっくり屈伸させ、神経がどこまで通っているのか調べてみてください)タオル歩行→(タオルで支えて歩行訓練をします。無理はさせないでくださいね。)温浴リハビリ→(飼い主がペットと一緒に温浴に浸かり、徐々に足を動かします)指圧→(幹部を刺激する程度で、強く押さないで下さい)肉球指圧→(足裏の肉球を優しく揉んであげることで、症状がよくなることもあります。)

椎間板ヘルニアを注意したいペットの犬種は、アメリカンコッカースパニエル、ウェルシュ・コーギー、ミニュチュア・ダックスフンド、シーズー、ビーグル、ペキニーズ、フレンチブルドックなどです。
タグ:ペット
ニックネーム pet at 23:49| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする